あなたが脱サラしてアフィリエイトを始めようと思っているとき、誰かに相談しますか?

それとも相談せずに自分だけで決心しますか?

私の体験をお話したいと思います。

 

◇会社は簡単に辞めてはいけない

まず会社は簡単に辞めてはいけません。むろん、私とあなたでは全く事情が違うでしょうから同じようには言えないと思います。それでもあえて言います。

会社は簡単に辞めていけません。

会社を辞めたい事情はあるでしょうが、いったん会社を辞めれば大変厳しい状況が待っています。よくよく熟慮した上で決めるべきです。

とまぁ、そんなことは言われなくてもお分かりのはず。

私の場合、実は辞める決心をする直前まで会社に残る方法を考えていました。もがいていたと言った方がいいかも知れません。別に会社を辞めたくて辞めたのではなく、仕方なしに辞めたのです。

希望退職ではなく、退職勧奨という形で辞めました。まぁ、早い話が首同然です。

当時私は53歳、家のローンも残っていたし県外の私大に通う娘の学費、生活費の仕送りもありました。母は高齢で妻が面倒を見ていて、外に働きに出れませんでした。

つまり、4人家族を養うのは私の給料だけだったのです。そう簡単に会社を辞めるわけにはいきませんでした。

そして、私にはとても懇意にしていた年上の同僚がいて、親身に相談に乗ってくれました。彼は中途入社で会社に入ってきて、再就職の厳しさを嫌というほど知っていました。

給料が下がっても仕事の内容が不満でも簡単に辞めてはいけないとアドバイスしてくれました。

私はほぼ1ヶ月ほど真剣に、それこそ夜も眠れないほど考え、悩み、迷いました。そして会社を辞める決心をしたのです。それは通勤途中で信号待ちをしている車の中でした。

その後私は20年間働いた会社を辞めて専業アフィリエイターを目指すことになります。そして、会社を辞めてから一度もそれを後悔したことはありません。

正直、辞めた後に金銭的に苦しい時期もありましたが、そんな時でさえ会社を辞めたことを悔やみませんでした。

それは、会社を辞める前1ヶ月間、さんざん考え、悩み、迷ったからです。あれだけ考えて出した結論だから後悔しない、そんな思いがありました。

もしもとことん考えずに辞めていたら、「やっぱり辞めたのは間違いだったかも・・・」そんな思いが浮かんで後悔したかも知れません。

だから、どんな結論を出すにせよ、簡単に決めてはいけないと思います。後悔しないよう、とことん考える、それが大事です。

 

◇アフィリエイトを相談するのは無意味

私は会社を辞めてアフィリエイトをやろうと決めたとき、誰にも相談しませんでした。今思えば、相談しなくてよかったと思っています。

なぜなら、私が相談できそうな人でアフィリエイトをやった経験者は一人もいなかったからです。

自分がやったこともないアフィリエイトの相談をされたら、きっと「そんな怪しい、あやふやな仕事はやめておけ。ハローワークに行ってどこかの会社に再就職しろ。」そう言うでしょう。

まぁ、絶対そういうとは限りませんが、経験者以外に相談してもあまり意味がありません。

大事なことは、現にアフィリエイターとして収入を得て生活している人たちがいるという事実です。

この事実に対しても、「それはたまたま運が良かった人だけの話だ。」とか、「稼いでいる人は特別な才能のある人だけだ。」とか言われるかも知れません。

一番いいのはアフィリエイトで成功している人、経験者に話を聞くことですが、それが無理なら自分で調べることです。アフィリエイトで成功した人は、どうやって成功したのか。

その成功までの過程を調べ、自分にもやれるだろうかと考えることです。

私の場合はさんざん模索した末に伊藤哲哉さんにたどりつき、アフィリエイトカレッジに入学します。そこでサラリーマン時代と全く同じ感覚で仕事としてのアフィリエイトと向き合うことが出来ました。

当時私が相談できる人の中で、アフィリエイトの可能性、実体を教えてくれる人は皆無でした。だから相談しなくて良かったのです。

出来ない理由、止めた方がいい理由ばかり教えてくれる人に相談しても大した意味はありません。そんなことは相談しなくても思いつきます。

それを乗り越えるアドバイスをしてくれる人に相談しなくては。

私の場合は運命的な巡り合いで伊藤哲哉さんにアフィリエイトの何たるかを教えてもらうことが出来ました。だから何の迷いもなくアフィリエイトの道に入れたのです。

あなたが脱サラしてアフィリエイトを目指すなら、誰に相談するかは重要です。むろん、最後はあなた自身が決断することになるのですが、その判断を間違わないためにも相談者は選んで下さい。