私はサラリーマンを辞めたとき、もう二度とサラリーマンをやる気はありませんでした。

30年もやったのだから、今度は自分で好きな仕事をやろう、そう思いました。

会社を辞めた直後は随分不安や迷いもあったのですが、アフィリエイトを専業でやると決めてからは一切迷いなしでした。

 

◇ハローワークの現実とは?

とは言え、会社を辞めたあと、ハローワークには通いました。失業保険をもらうためです。それに、万一再びサラリーマンをやってもいいと思えるような再就職の話があれば、考えてもいいかなと思ってました。

まぁ、そんないい条件なんてまずあり得ないと思ってましたけど。

それでハローワークに行ったのですが、私の予想は完全当たってました。その気になるような求人は全く見つかりませんでした。

私は大学を出てずっと機械設計、装置開発をやっていて、そのあと量産工場の生産技術や検査、品質管理などの仕事もやっていました。

私が住む大分県全体で探せば前職を生かした求人もないではありません。しかし、求人件数は少ないし条件も厳しい。給与はせいぜい20万円までのものばかりです。

これが別府勤務となると更に条件が厳しいです。なにせ全国的に有名な温泉地、観光関連の求人はあります。ホテルや旅館の従業員、売店の売り子、地獄めぐりの案内かかり。

それと超高齢化が進む別府市ですから、介護や福祉関係の求人もあります。それに土木関係も多いです。老人ホームや病院がぼこぼこ建ってますからね。

しかしどれも給与面で言えば20万円までの求人ばかりです。これがハローワークの現実なのですね。特別優秀なエンジニアでヘッドハンティングで転職するならともかく、ハローワーク経由で月に40万、50万稼ぐのは相当厳しい。

というか、私がハローワークに通った10ヶ月あまりの間には、そんな求人は1件も見つかりませんでした。

もし、私が本気で再就職する気だったら、どうしていたでしょう。20万円でも仕方ないとあきらめてどこかで再びサラリーマンをやっていたでしょうか。

 

◇脱サラアフィリエイトも選択肢のひとつ

実は、私が会社を辞める少し前に退職した同僚がいました。彼は大分県の求人条件では生活出来ないと、初めは関西に再就職していました。

その後は中国に渡り、そして現在は福岡で仕事をしています。まとまったお金を稼ぐにはそれなりの努力と覚悟が必要です。

そして、その方向性を自分自身で納得できるかどうかです。そこが肝心なところです。納得もなにも、生活のためだから仕方ないというのが現実かも知れません。

一方で私のようにサラリーマンはもう嫌だと自分の夢を優先させる道もあります。

いずれにしても行き着く先は全て自己責任です。

あなたが脱サラをしてアフィリエイトを目指すなら、まずはアフィリエイト以外の道もしっかり探してみて下さい。その選択肢とアフィリエイトを比べてみて下さい。

この作業をしておくと、後々アフィリエイトを選らんだことを後悔することがないと思います。どの道を選んでもいばらの道、楽してお金を稼ぐ方法なんてありません。