すでにみなさんご存知かも知れませんが、Googleさんがペンギンアップデート4.0を行うそうです。

色んなSEO関連サイトで賑やかに伝えています。

 

◇ペンギンアップデートの苦い思い出

このペンギンが初めてアップデートされたのは、忘れもしない2012年4月のことでした。それまで順調にアクセスを伸ばし、報酬も増やしていた私は突然悲惨な目にあいます。

先日、「検索順位チェックツールを使う」という記事でも書きましたが、モロに影響を受けてしまいました。

アクセス数激減

このとき私はアフィリエイトカレッジを卒業して1年と3ヶ月が過ぎていました。でも、主宰者の伊藤さんとは卒業後も交流があり、この飛んでもない事態に即、メールを送りました。

かなり慌てふためいていたと思います。

すると、伊藤さんからこんなメールが届きました。

「とても心配しています。アクセスが減ったことではありません。あなたの慌てぶりが心配です。ビジネスをやっていればこのような事態はつきものです。こんな時こそ冷静に状況を見極め、対策を考えなくては。」

このメールをもらって、はっとしました。そうだ、何て慌ててたんだろう。我に返るとはこのことです。

このメールを頂いたあと、いくつかのペンギン対策を実行します。それでも効果的な改善は見られず、このサイトは4年経った現在もなお復旧することなく500アクセス/日のままです。

その代り、この経験を生かした新サイトがアクセスを伸ばし、好調をキープしています。その後のペンギンアップデートでは全く影響を受けていません。

 

◇パンダもあるよ!

ちなみに、Googleさんと言えばペンギンと並んでパンダアップデートが気になりますよね。これも初めての時は大きな影響を受けました。

主力サイトのいくつかが50%近いアクセスダウンを経験しました。しかし、すでにペンギンで経験しているので慌てることなく冷静に受け止め、すぐに対策を打ちました。

パンダアップデートの影響も最初の1回目だけで2回目からのアップデートでは全く影響を受けていません。

ペンギンもパンダも、最初の1回目はひどい目に合いましたが2回目以降は完全にクリアできました。

では、その改善方法は?

実は特別なことは何もありません。ユーザー起点で役に立つ、使いやすい、分かりやすいサイトを作る、それだけです。

まぁ、実際にはパンダ対策としてやったのは重複コンテンツの削除です。これ、かなりやってたので全て削除しました。同じサイト内の重複ページ、別のサイトにまたがる重複コンテンツ、全て見直しました。

私の体験ではパンダ対策には重複コンテンツの削除が最も効果的でした。

では、ペンギン対策は何か?実は、相互リンクをほぼ全廃しました。かなり素性のしっかりした、本当に役立ちリンクのみ少数載せました。これだけです。

むろん、優良なサイトからの非リンクは今でもSEO的には有効でしょう。しかし、その優良な非リンクを集めるには時間とエネルギーを要します。そう簡単ではありません。

なので私はそれを放棄しあきらめました。それでも検索順位を上位に押し上げることは可能です。

 

以上のように、私は過去にペンギン、パンダ、それぞれ1回ずつ、初回に手痛い目にあい、それで対策を学びました。今でもペンギンショック、パンダショックは鮮明に覚えています。

そして、伊藤さんからメールをもらったときのショックもまた頭から消えることはありません。

今回、ペンギン4.0のアップデート記事を読んで、4年前のあの日を思い出しました。