私が脱サラアフィリエイターになってから知らないうちに陥った落とし穴。

それは・・・案外誰もがハマりやすい勘違い。

 

◇何でもデータ化する

脱サラアフィリエイターになる前は電子部品の量産工場で働いていました。製造も生産技術も品質管理の仕事もやりました。技術営業の仕事もやっていました。

当然、これらの仕事では様々なデータベースを必要とします。私の仕事の半分はこうしたデータベースの作成と解析みたいなものでした。

問題は現場にあり、答えも現場にあります。それを見つけ出す元はデータです。正確なデータは全てを物語ってくれます。

こうした仕事のやり方はアフィリエイターになっても抜けません。いや、むしろ積極的に活用していると言った方がいいです。

それは確かに大変有効であり、ある面不可欠です。それはアフィリエイトもまた1つのビジネスであり、そうである以上データベースはマネジメントに不可欠です。

ただ、私の場合問題なのはやり過ぎることです。データベース作成の仕事が途中から趣味になってしまうのです。

そもそも、今作っているデータベースは何に使うのか。作成の目的は何か?

その肝心なことを途中で忘れ、作ることが目的化してしまうのです。いや、データベースを作る作業は面白い。

例えば、サイトごとにアクセス数、クリック数、成果件数、成果金額などをデータベース化するとします。これはまぁ、多くのアフィリエイターさんがやっていることかも知れません。

しかし、運営サイトが20を超えた今、それもよほど要領よくやらないと時間と手間ばかりかかって、その割にはあまり使わないという事になります。

必要な時に必要なデータが確認できればいいわけで、全てをデータベース化する必要はないのです。

しかし、整然と並ぶ数字を見ているととても気持ちのいいものです。あれも、これもデータベース化しておきたい、という欲求にかられます。

これ、考えてみるとサラリーマン時代からそうでした。膨大な量のデータを作成するのですが、後になってよくよく考えてみると、半分以上は無駄なデータだったと反省するのです。

データベースを作ることが楽しい、また作ることで安心してしまう、この繰り返しでした。

そして今、朝いちばんにデータを作り始めて、2時間ほどで終わる予定が気が付けばすっかり夜になっている、なんてことも珍しくありません。

これはサラリーマン時代の習性がアフィリエイターになっても残ったままなのですね。分かっちゃいるけど止められない。

まさしく脱サラアフィリエイターの落とし穴と言えます。

時間は有限、貴重な資産。これを有効活用することは何より大事です。反省することしきりです。

アフィリエイトにおいて、データベースを作り過ぎる弊害は、全く作らない弊害と大差ないかも知れません。