脱サラアフィリエイターをやって丸っと7年ですが、たまに「脱サラアフィリエイターは損だな!」と思うことがあります。

誤解されているなぁと思うことがあります。

それは何かというと・・・

 

◇家で遊んでいるかのごとく思われている?

普通のサラリーマンは平日は会社で働き家にはいません。平日は毎日朝の7時くらいには家を出て、帰宅するのは夜の7時とか8時です。

世間一般には皆さんそう思っています。私の家族もまたそう思っています。

そして私は30年間サラリーマンをやっていました。

なので、私の家族は「働く」とは平日の7時から8時は家にいないことだと思っています。30年間ずっとそうだったので、その思いが染みついています。

それゆえ、私が脱サラアフィリエイターになって、在宅で仕事をしていることがピンときていません。

家にいてパソコンの前に座っていることが働いていると認識出来ていないのです。

そもそもアフィリエイトが何かも分かっていませんし。

むろん、口では私に「お疲れ様です。」とか、「ご苦労様です。」と言います。

しかし、妻は何か用事があるとすぐに頼みに来るし、車を必要とする外出も頼みに来ます。

更に平日に妻の身内で集まり事の話があると、私の都合も聞かずに「大丈夫」と返事をするのです。

これらのことは、私がサラリーマン時代にはあり得ない対応です。何しろ家にいないのですから、頼めないし妻の実家にも行けません。

それが在宅のアフィリエイターだからと頼みに来るのです。

これは私としては非常に腹立たしいものがあります。到底納得できません。

確かにアフィリエイターは自由度が高く、好きなように時間を使えます。しかし、そうは言っても仕事をしているには違いありません。

その日、その日の計画、予定ってものがあります。時間配分だってそれなりに決めています。

それをあたかも私を暇人扱いにして勝手にずかずか縄張りに入ってこられると困るのです。私の仕事場は在宅であっても仕事専業エリアなのです。

この、私と妻との感覚のズレは時々けんかの原因となります。

「俺はなぁ、家にいるけど仕事してんだからな!」

プッツンして私がそう大声出すと、妻は

「分かりました。すみません。」

と、一応謝ります。筋としては絶対私の方が正しいからです。

でも妻は絶対に納得していません。家にいるんだからちょっとくらいいいじゃない、そう思っているのです。

「私は家で遊んでるんじゃない!」

何度そう叫んだことでしょう。

 

◇夢は事務所で仕事?

こうした事態を何年も続けていると、自宅を出てどこかに事務所を借りて仕事をしたいと思うようになります。

むろん、そんな事務所を借りるような余裕はありません。夢のまた夢です。

でも、家の外に事務所を借りることで、妻も私が仕事をやってる時間とオフの時間の区分けが出来るだろうと思うのです。

事務所にいる間は仕事オンリーだと分かるはずです。

だから私はどこかに事務所を借りてアフィリエイトをすることが夢なのです。

「がっぽり稼げるようになったら、絶対にどこかに事務所を借りてやる!!」

でもなぁ・・

私だけでそんな事務所経費が出せるほど稼げるだろうか?

という疑問もあります。なんたって固定費になっちゃいますからね。稼ぎゼロの月でも家賃や電気代は出ていきます。

それを考えると夢は夢として、現実には無理かも・・・。

かくして今日も私は在宅でせっせと仕事をし、その合間に妻の買い物に付き合うハメになります。

私がサラリーマン時代にみたいに徒歩かバスで行けよ~!

私は妻にそう言いたいのをぐっと我慢しているのです。