アフィリエイト広告を出している企業の中には、アフィリエイターをなめてるとしか思えない企業もけっこうありますね・・・。

つい先日、とても良さそうな商材を見つけました。1万円ちょいの商材なのですが、アフィリエイト報酬が5,000円です。

ところが・・・それはトンデモナイ商材でした。

 

◇あり得ないランディングページ

私はその商材に属性がピッタリのサイトをすでに持っていました。これはすごいラッキーです。よく見ると新規案件で、アフィリエイトが始まったばかりのようです。

さっそくアフィリエイト提携を申し込み、2日間の審査の後にOKが出てめでたく提携完了。私はすぐに紹介記事を書いてアフィリエイトリンクを貼ろうとしたのですが・・・。

ここで大きな問題が発生しました。

その商材のアフィリエイトリンクのランディングべージ、すなわちリンクをクリックしたときにユーザーを誘導する先のページが、あまりにひどいのです。

何と商品の説明記事が全くありません。支払い方法や特定商取引の案内は出ていますが、肝心の商品説明が全くないのです。ただ、商品の写真が1枚と価格だけが載っています。

商品の特徴も利用法も何もありません。どう見ても作りかけの未完成ページです。私は提携申請をした時はそれに気づきませんでした。

私が提携前に商材について色々調べたページはランディングページではなく、他の販売店のサイトだったことが分かりました。そのぺージには詳しい商品説明が載っており、これなら売れそうだと思ったのです。

普通、アフィリエイト広告を出す企業はそれなりのランディングページを用意します。それは当たり前で、せっかくアフィリエイターがユーザーを販売サイトまで連れてきても、そこで買ってくれなければ何にもなりません。

アフィリエイターも報酬が発生しないし、広告主も売り上げにつながりません。

ならば商品説明が全くないランディングページって、どういうこと?

そこで私は広告主に直接メールを送りました。むろん、契約したAPS経由で正規ルールに乗っ取って質問したのです。

もしかしたら、アフィリエイトを開始したばかりだからランディングページの用意が間に合っていないかも知れないと思いました。

しかし・・・

質問メールを送ってから何日経っても返事がありません。相変わらず意味不明のランディングページのままです。

 

◇アフィリエイターをなめてる広告主

こんな意味のないランディングページを用意すること自体理解不能ですが、アフィリエイターからの重要な質問を完全無視するのもいかがなものでしょう。

アフィリエイターを軽視している、なめているとしか思えません。自社の大切な商品を多くのユーザーに紹介してくれるビジネスパートナーだという意識は微塵もないのでしょうね。

せっかくいい商材を見つけた、これから頑張って紹介していこう、そう思った私の熱い気持ちはどんどん冷めてしまいました。これではやる気になれません。

脱サラアフィリエイターになって7年目。いろんな広告主を見てきましたが、今回の広告主は間違いなくワースト5に入る広告主です。

ちなみに、他にどんなひどい広告主がいたかと言うと・・・

●アフィリエイトリンクのランディングページが古い情報のままで、商品価格、仕様が最新版になっていない。これは購入後にトラブルになる危険性があって即刻アフィリエイトを中止しました。

●最初はすごくいい条件で提携しておきながら、ある程度実績が出来るといっきに条件を悪くする。すでに大量の紹介ページ、リンクを貼った後なのでアフィリエイトを中止するのも大変。それを見透かしている。

●広告主サイトが不当表示で閉鎖に追い込まれ、アフィリエイト中止になる。こんな広告主、実はけっこうあります。私自身、7年間で3社ほど実例を見てきました。こちらも被害甚大です。

どんなビジネスでも程度の低い相手はいるものです。顧客やパートナーを軽視する、そんな企業に未来はありません。

あなたも広告主を選ぶときは単に報酬金額だけでなく、その広告主そのものが信用できる企業かどうか、そこをしっかり見て下さいね。

広告主サイトをユーザー目線で見ると、案外信用できる企業かどうか、分かるものです。