私は長年サラリーマンをやっていたので、毎日の作業記録を残すことは完全に習慣化されていました。

実はこれが脱サラアフィリエイターになってからすごく役に立ちました。

 

◇作業記録を残す意味

サラリーマンをやっているとどこの会社でもその日1日の作業報告は作るでしょう。営業なら営業報告書、製造現場なら生産実績報告書、技術部門なら進捗報告書みたいな感じですね。

要はその日1にこなした仕事、発生した問題点、解決した問題点、そして計画に対する進捗、更には明日の予定などを部門で共有したり上司に報告します。

これを出勤した日は毎日必ず実行します。私も新入社員で会社に入った日からから退職するその日までずっとやっていました。

では、脱サラアフィリエイターになって、こうした作業記録を残すことに意味があるでしょうか。もしあるとすればどんな意味があるでしょうか。

むろん、アフィリエイトは一人でやっているので報告する相手はいません。共有する相手もいません。自分で自分に報告するだけです。

でも、これがすごく意味がある、有効なことなんですね。

私は専業アフィリエイターになってすぐに作業ノートを作り、毎日の作業記録を書くことにしました。

ちょっと写真でお見せしましょうか。これです。

改善ノート

このノートはA3サイズでちょっと大きめです。私はこのノートにアフィリエイト作業の主な項目や変化点、それに思いついたアイディアなどすべて書き込んでいました。

「改善ノート」とタイトルをつけていますが、必ず1日1つは改善案を出すようにと名付けました。

この手の記録はノートという紙媒体じゃなくてパソコンでやる人がほとんどだと思います。実際、私もサラリーマン時代はメール配信でやってました。

それは部門共有化という目的があったからです。

でも、アフィリエイターになって一人仕事ですから、他人との共有化は必要ありません。自分の中で整理出来て、改善につながればいいのです。

それには断然、パソコンよりもノートです。自分の手で文字にして書きながら頭を整理するのはとても効果的です。アイディアが出てきます。

まぁ、これも人それぞれかも知れませんが私はこの方法がお奨めです。

そして、このノートを何年も続けていると気づきますが、過去のノートを振り返って見ることはほとんどありません。ノートを始めた時はきっと今書いてることが将来的に役立だろうと思ってましたが、そんなことはありませんでした。

つまり、ノートを書いてる時点で頭が活性化されることが最大のメリットであり、記録として残す価値はあまりないのです。

むしろ記録として残す価値のあるものはノートよりパソコンに保存した方が使いかってがいいです。例えば売り上げやアクセス解析などの数値化されたデータはパソコンに保存し、データを加工して検討材料にします。

でも、何かのアイディアを考える最中のメモはノートの方がずっと役立ちます。手で文字を書くことの刺激はすごく脳の働きを活性化させます。

A3サイズの大きさのノートを使うのも、大きさによる制限を出来るだけ小さくして好きなだけ発想を書付られるようにするためです。

 

◇技術ノートも作ろう

作業記録、改善ノートとは別に私は技術ノートも作りました。いわば手製のマニュアルです。

技術ノート

こちらにはワードプレスのインストール方法やレンタルサーバーの立ち上げ方法など、繰り返し行う技術的な作業をまとめてあります。

同じ作業をするのに、毎回「どうやるんだっけ?」と考えたり手引きを探したりする手間を省きます。また、勘違いによるミスを防ぎます。

これもやってみると分かりますが、紙媒体で残す方が作業しやすいです。

 

以上、私がやっている作業記録を残す方法をご紹介しました。これは私にはピッタリですが、あなたにはまた別の方法が合うかも知れません。

どんな方法でも構わないのですが、とにかく1日の作業を振り返ること、進捗状況を確認すること、明日の予定を確認すること、これらの作業は必須です。

専業アフィリエイターなら当然、副業やちょっとしたお小遣い稼ぎのアフィリエイターでも必要な作業です。なぜなら、アフィリエイトは日々継続する仕事だからです。

今日があって明日があり、明日があって明後日があります。その連続性を自分で確認すること、変化点を見つけること、この作業なしに成功はありません。

これは脱サラアフィリエイターが得意とする作業ではないでしょうか。