私が会社を辞めたのはリストラで首同然でした。従って退職勧奨はいきなりやってきて、用意も準備もまるでなし。

実は貯金もほとんどありませんでした。まさに私は貧乏生活を余儀なくされました。

 

◇脱サラアフィリエイトで突然貧乏になった私

地方の中小企業の退職金はスズメの涙です。しかも私の場合は勤続19年と半年。これが20年を超しているともう少し上積みがあったのですが。

そんな状況で会社を辞めて、前にも書いた通り家のローンがずっしり残ってました。娘は大学の2年生、県外の私立です。まぁ、何とお金のかかることでしょう。

娘は1年生の時は大学の寮に入っていたのですが、どうも集団生活はストレスがたまるらしく、2年生になると同時に大学の近くのアパートで独り暮らしを始めました。

仕送りも当然のごとく増えました。

もっとも、私が会社を辞めたことを娘に伝えたとき、娘は大学を辞めて働くと言い出しました。これには私もびっくりしました。そこまで言ってくれるとは予想もしていませんでした

私はもとより娘などあてにはしていません。お金は心配しなくていいから4年で卒業してくれと言いました。

そして私は会社を辞めた2ヶ月後に専業アフィリエイターの道を歩きだすことになりました。

今でこそそれなりに稼いでいますが、とにかく1年目はまるで稼げず、2年目、3年目でやっと収支がトントン、4年目からやっと黒字になった有様です。

退職金やわずかな貯金はどんどん減り、3年目の終わる頃にはさすがに心細くなりました。なにかあってまとまったお金が必要になった時、払えないのではと不安を感じました。

私は最初からアフィリエイトで絶対成功すると根拠のない自信を持っていたのですが、自信だけではお金は増えません。減る一方だったのです。

かといって、今更アフィリエイト以外の道を探すことはしませんでした。どんなに貧乏してもアフィリエイトを続ける覚悟はありました。この道以外に成功なし、と確信していたからです。

だから妻にも随分と苦労かけました。スーパーの安売りをねらって買い物をするのはむろん、贅沢品はいっさい買いませんでした。

やはりお金はないよりあった方がいいです。心の余裕はお金がないと生まれません。

確かにお金だけで人生は幸せにはなれません。お金がすべてではありません。しかし、その一方でお金があれば解決できることもまた沢山あります。

 

◇脱サラアフィリエイトは覚悟が必要

もしもあなたが脱サラアフィリエイトの道を選ぶなら、最初の1年間は報酬なし、その覚悟をして下さい。うまく行けば1年目から黒字も可能ですが、あくまでそれは結果ラッキーの世界です。

まぁ、私のようにいきなり専業のアフィリエイターを目指すのではなく、まずは副業で月に10万円稼げるようになってから脱サラする、それが出来れば理想です。

しかし、そうそう都合よくことが運ぶとは限りません。私のように突然首になることだってあり得ます。人生は筋書きのないドラマであって、自ら台本を作るしかありません。

アフィリエイトを始めてもうすぐ8年目に入ります。今はお金の心配をしないで済む生活に感謝しています。