アフィリエイトをやっていると、ネット上のアフィリエイト関連記事が気になります。

その全部を見てたらキリがないし、でも中にはとても大事な情報を含んだ記事もあります。

今回は私が神経を使うアフィリエイト記事のお話です。

 

◇アフィリエイターの私が読む記事、読まない記事

といっても、アフィリエイトで稼ぐノウハウの類ではありません。まぁ、たまにそうした記事を読むこともありますが、まず真剣に読むことはないです。

なぜなら、前にもこのサイトで『成功への道、失敗への道』と言う記事を書きました。アフィリエイトで成功するための方法は決して1つではなく、10人の稼ぐアフィリエイターがいれば10通りの成功方法があります。

だから他人の成功例に必要以上に引きずられる必要はありません。と言うか、真似してもしょせんは限界があります。

だからアフィリエイターのノウハウ記事にはそんなに関心はありません。

ただ、アフィリエイト、ネットの世界の大きな流れ、トレンドに関する記事は真剣に読みます。そうした大きな流れを無視してはアフィリエイトは出来ないからです。

一番分かりやすい例が、スマートフォンです。

私がアフィリエイトを始めた2009年の時点で、ここまでスマホ対応が必要になるとは正直思いませんでした。

当時はガラケーでのアフィリエイトがけっこう流行っていて、ガラケーで稼ぐノウハウ商材が売れている時代でした。

私もガラケーサイトを2つばかり作って試してみたことがありました。(すぐに挫折して止めちゃいましたけど)

当時の私の認識として、パソコンユーザーがガラケーユーザーに引っ越すことはあり得ない、少なくともアフィリエイトの成果に大きく影響するほどのインパクトはないと思っていました。

事実、私の思った通りガラケーに影響されることなく私のパソコンサイトは順調に結果を残し続けました。

しかし、スマホの場合は全く様子が違いました。

2012年頃にはすでにスマホのシェアが目立ち、2013年にはパソコンよりもスマホからのアクセスが多くなってしまいました。

正直、私はあわてました。完全に対応が後手となり、大きなロスを生んでしまったのです。

このパソコンからスマホへの移行という大きな流れは必然であり、当然の結果でした。そんなことはネット上でかなり前から既成事実として多くの記事、指摘がアップされていました。

私はそれらの記事に目を背けていました。見たくない、知りたくない、出来れば知らないままやり過ごしたい、そんな思いがありました。

だから対応が遅れてしまったのです。完全に後手、後手となりました。

パソコンからスマホへの流れを論ずる記事は単なるノウハウ論ではなく、ネットユーザーの動向そのものを論ずるものです。

こうした記事には真剣に目を向け自分のサイトへ反映させる必要があります。

他にもGoogleさんがペンギン、パンダのアップデートを繰り返した時期にも同様のことが言えました。

実は私はこの時も対応が少し遅れて極めて大きな被害を受けました。(私にとっては被害です。)

 

◇自分のアフィリエイトサイトにも対応が必要な情報とは

どの情報が対応必要で、どの情報が不要か、それを見極めることが大事なのですが、案外それは簡単です。定期的にネットの情報を読んでいれば分かります。

複数のまともな情報発信者が繰り返し指摘していることは本物です。

今現在もそうした気になる情報がいくつかあります。過去の反省に顧みて、今度は後手をひかないよう、早め、早めに対応しようと思っています。

ここはアフィリエイトのキモとなる部分であり、避けて通れない部分だと思います。

時間をお金とエネルギーを使いますけどね。