今年も確定申告は初日の朝いちばんに完了しました。

例年、真っ先に申告することにしています。

しかし、いつものことではありますが、初日は大混雑です。

税務署の中に入りきれず、外の駐車場にまで行列が出来ています。

税務署も例年のことだから分かっているはずなのに、対応がイマイチです。

納税者が申告に来てるんだから、もっとサービス精神発揮して欲しいなぁと思います。

例えば・・・

1.申告書が作成済みで、提出だけの人の誘導不備

これ、昨年も痛感しました。

昨年は申告場所が変更になってかってが分からず、ウロウロしながら会場に入り、係員の誘導のままに待合場所に通されました。

でもそこは申告書を作成していない人たちの待合場所でした。

私は当然申告書を作成済みなので、実は待つ必要もなくさ~っと提出して終わりなのです。

私はそこで20分以上待って、

「なんか変だ?」

と気づきました。

そこで私を誘導してくれた係員に聞くと、実はそこで待つ必要がないと分かりました。

最初に、

「申告書は作成済みですか?これから作成ですか?」

と聞いてくれれば待たずに済んだのに。

「いちいち聞かないから、そっちで判断しろよ。」

ってことなんでしょうか。

でも、会場が変わってかってが分からず、そもそも初めて作成済みで申告に来た人は待たなくてもいいなんて分からないですよね。

昨年そんなことがあったので、今年はどうかなと思いつつ、税務署の外の列に並びました。

すると、中からか係員が出てきて、

「申告書を作成済みの方はこちらへどうぞ~!」

と大声で案内を始めました。

「おいおい、それだよ!昨年もそうしてくれれば20分待たずに済んだのに!」

なんて思わずつぶやきました。

そんな訳で、今年の申告は至ってスムーズ、わずか5分で完了しました。

しかし、大声で案内していた係員もずっと外で叫んでいる訳ではないと思うので、出来れば見やすい、分かりやすい表示をしておいてくれたらなって思います。

手書きの案内板1つ立てておけば、それで分かります。

 

2.駐車場が狭すぎる

私の自宅は税務署まで徒歩5分なので、毎年歩いて申告に行きます。

しかし、車で来られる人も大勢います。今年も申告開始前にすでに満車でした。

こうなることは分かり切っているので、なるべくマイカーでの申告は控えて下さい、ってことなになるのでしょうね。

でも、別府みたいな田舎だとマイカー以外はとても不便なんですよね。

そこで思うのですが、税務署の近くに廃校になった小学校があり、そこのグランドを臨時駐車場にできないのかなと。

これまた近くに市内で一番大きな神社があるのですが、そこの駐車場も狭くてお正月は常時満車で大渋滞します。

そこで数年前から神社は先の小学校のグランドを臨時駐車場に使っているのです。

神社がやれるんだから、税務署だってその気になればやれると思うのですが。予算が付かないのでしょうかね。

 

とまぁ、思うところはあるものの、今年も無事に確定申告が完了しました。

申告書を受け取った税務署の人が最後に一言言いました。

「所得税は4月に引き落としになりますから、残金のご確認を宜しくお願いします。」

だって。

ずしりと来ますね、この一言。今年は昨年より一桁多い納税です。

はぁ・・・と、ため息しか出ませんでした。