あるアフィリエイト団体では毎年色んなサイトコンクールをやっています。

団体会員を対象に、優秀賞、敢闘賞、みたいな賞を設けて参加を募り、会員のモチベーションアップを図っているのです。

 

◇優良サイトが稼げるとは限らない

今年もその受賞サイトが公表されました。そこで最優秀賞を獲得したサイトを拝見しました。パッと見、とてもよく出来たサイトです。

デザインもきれいだし、写真もふんだんに使ってあります。けっこう更新頻度も高くてコンテンツも多いサイトでした。

さて、ではこのアフィリエイトサイト、毎月いくら稼いでいるのでしょうか?

サイト運営をやってるご本人がコメント書いてましたが、現状では毎月1万円くらいだそうです。

1万円って、決して多い金額ではありません。もっと稼いでいるアフィリエイトサイトはいくらでもあります。

そう、この団体のコンクールはあくまで稼いだ金額基準ではなく、サイトの出来栄え基準なのです。もっと分かりやすく言えば、見た目基準です。

「あ~、とってもよく出来たサイトだなぁ!」

と多くのアフィリエイターさん達がほめるサイトが優秀賞を獲得するのです。

まぁ、それはそれで大変結構なのですが、その受賞サイトを見て、

「私もこんなサイトを目標にして作ろう!」

なんて安易に考えるのは大間違いです。

あくまでもアフィリエイトサイトは稼いでナンボの世界です。どんなに見た目がきれいで最優秀賞を獲得しても、肝心のアフィリエイトで稼げないようでは価値がありません。

アフィリエイトサイトのコンクールであれば、本来は稼ぎだした金額順に賞を出して欲しいところです。他のアフィリエイターさん達にとってもそれが最も参考になるはずです。

しかし現実には運営者が稼いだ金額を公表することはまれだし、自己申告にしか過ぎない金額でコンクールもないでしょう。だからいくら稼いだかを基準にサイト評価は出来ません。

 

◇優良サイトと稼げるサイトの違い

ところで、私が知っている数少ないスーパーアフィリエイターさん達のサイトを拝見すると、中には意外なほど平凡なサイトがあります。

正直、これなら私のサイトの方が立派じゃないかと思えるようなサイトがあります。しかし、その一見平凡なサイトで稼ぎ出す金額は私とは比べものになりません。

では、その平凡なサイトはなぜ稼げるのか?

それは、そのサイトでしか読めないコンテンツがいっぱい詰まっているからです。ユーザーにとって価値のある、貴重なコンテンツが山盛りだからです。

どんなに見た目が立派で見栄えがいいサイトでも、月並みな内容しか掲載してなければ大した価値はありません。逆に見た目は平凡でも、そのサイトにしかない情報はユーザーをひきつけ、満足させます。

コンテストで優秀なサイトと稼ぐサイトは必ずしも一致せず、その本質は少し別のところにあります。

あなたがアフィリエイト初心者で、これから稼ごうと思うなら、サイトの見栄え重視よりもコンテンツの希少価値、発信力を重視されることをお勧め致します。

そこにお金と時間と手間を集中させ、見た目は少し余裕が出てきてから取り組むことをお勧め致します。