アフィリエイトをやっていると、必ずクレームは来ます。

今日はアフィリエイトにはつきもののクレームを取り上げます。

 

◇アフィリエイトのクレーマー

アフィリエイトサイトを運営していると必ずクレームが来ます。こちらに何も非がないのに突然やってくるのがクレームです。

ちょうどこの記事を書いている前日にも1件、クレームメールが届きました。

どんなクレームかと言えば、サイトの記事についてのクレームです。

「うだうだと回りくどい!余計なことばかり書きやがって!何を書いてるのか分からん!もっと結論だけを簡潔に書け!」

みたいな事が延々と書かれていました。

今の内容だけを見るとクレームと言うより、ありがたい指摘ではないかと思われるかも知れませんが、実際にはきたいない言葉、乱暴な言葉がずらり並んでいます。

内容の指摘と言うより、私個人が気に入らない、個人攻撃が目的なのが丸わかりのメールでした。

途中で読むのを止めて即刻ゴミ箱行です。

私はアフィリエイトを始めて今月で8年目に入りました。私のサイトに限って言えば、過去に商品に関するクレームはただの1件もありません。

クレームは全て私の性格、人格に対する攻撃です。むろん、全く面識のない人たちなので私のことなんて知りもしないで攻撃してきます。

そもそも私のサイトは健康関連サイトなので、集まるユーザーは健康志向の人が多く、年齢層もけっこう高いのです。それもあってあまりクレームが来ないのだと思っています。

それでも毎日1万5千件ほどのアクセスがあれば、色んな人がいてホントに暇人でどうしようもない人もいるのです。

 

◇クレーマー対策

クレーマー対策は完全無視に限ります。これはネットのありがたいところで、完全無視が可能です。リアル店舗ビジネスだとそうは行きません。

もっとも、クレーマーもネットだから言いたい放題やってるわけで、自分の素性をさらしてまでやる勇気も信念もありません。だから完全無視していればすぐに収まります。

しかし・・・

中には怖いクレーマーもいます。

かつて私が在籍したアフィリエイトカレッジの主宰者である伊藤について、伊藤さんを誹謗中傷するためだけにサイトを立ち上げてる人がいます。

それをどう思っているのか、迷惑じゃないのか、伊藤さんに聞いたことがあるのですが、

「全く気にしてません!無視しています。」

と、おっしゃっていました。

もしも私だったら・・・

相当気にすると思います。いくら無視しようと思っても、そこまでやられると気になるし、もしかしたら凹むかも知れません。

伊藤さん、メンタル強いです。

 

◇サイトの主人はあなただ!

アフィリエイトサイトは有料サイトでもなければ公的サイトでもありません。完全なる個人サイトであり、気に入らない人はアクセスしてもらわなくてけっこうなのです。

あくまでサイトの主人はあなたであり、あなたの思うように運営すればいいのです。

むろん、常識ある人からの指摘やクレームは真摯に受け止めキチンと対応する必要があります。記事内容の誤り指摘などはありがたいの一言に尽きます。

即行でお礼を伝えると同時に修正します。そして修正したことも伝えます。

また、『アフィリエイター必読!どこまで許される? 』でも書きましたが、あなたの記事にウソ、誇大広告、ねつ造はいけません。

まぁ、記事を書く上で100%事実だけは難しいかも知れません。多少は脚色を加えることもあるでしょう。

しかし、本質のところでユーザーをだますような記事は絶対に書いてはいけません。そこを攻撃してくるクレーマーがいたとしたら、クレーマーにも一理あることになります。

非常識なクレーマーを無視するのはサイトの主人であるあなたの判断で構いません。同時にまたアフィリエイトサイト運営者としてあなたが負うべき責任もあります。サイトの主人としての責任です。

そこをしっかり意識して記事を作り、サイト運営していればクレーマー対応も心配することはありません。

なお、私の7年間のアフィリエイト運営で、商品に関するクレームが1件もなかったと書きました。これは、あくまで自分のサイトは販売サイトではなくアフィリエイトサイトであることをしっかり説明しているからです。

品質や納品に関するクレームは本来販売サイトへ言ってもらうべき内容であり、アフィリエイトサイトで関与すべき範疇ではありません。

あくまでもメーカー、販売サイトとは一線を画したサイト運営を心掛けるといいですね。それがクレーマー対策にもなります。

最後になりますが、荒れたサイトには荒れた人が自然と集まります。

あなたのサイト自体が品のあるサイトなら、そうそう変な人は集まってきません。ここもご注意下さいね。