アフィリエイトはアクセスさえ集めることが出来れば稼げる。

何といっても一番肝心なのはアクセス集めだ。

そう思っているあなた、それは間違いですよ!

 

◇アクセスが集まっても稼げない

確かに、アクセスが1日に1000以上あるようなサイトだと、全く稼げないなんてことはありません。アドセンスを貼っておけばかってに毎月何千円か報酬が発生するでしょう。

でも、あなたがひと月10万円以上稼ごうと思うなら、アクセス集めだけでは達成できません。

なぜか?

理由は2つあります。

ひとつには、買う気のないユーザーばかり集まっても売れない。

二つ目には、いくら買う気のあるユーザーが集まっても商品がなければ買えない。

理由はこの2つです。

これはキーワード選定とアフィリエイト商材選定がいかに重要かを示すものです。

 

◇毎日1000以上のアクセスと、毎日150以下のアクセス、稼ぐのはどっち?

私の運営しているサイトで、毎日確実に1000以上のアクセスが集まるサイトがあります。

これは健康関連のサイトなのですが、主に肝臓に不安を抱えるユーザーを想定しています。

しかしこのサイト、せいぜい月の報酬は1万円程度です。

なぜたった1万円しか稼げないかと言うと、サイトを訪問してくれたユーザーの検索キーワードが想定外だったからです。

本来のサイトコンセプトに沿ったキーワード以外でアクセスが集まっていたのです。

これではいくらアクセスが集まってもアフィリエイト報酬は発生しません。

例えばこんな感じです。

先の肝臓に不安を持つユーザーを想定したサイトでは当然ながら肝機能改善に役立つサプリや健康食品をアフィリエイトしています。

しかし、最も多く集まったキーワードは肝臓治療用の薬品名でした。

そうした治療の情報も補足情報として記事をいくつか載せていたのですが、いつの間にかそのページが最大アクセスページになっていました。

すなわち、すでに肝機能障害で治療中の患者さんが多く集まるサイトになっていたのです。

全くの想定外、予想外でした。

そんな肝臓病の患者さんたちは、サプリメントなど買いません。肝臓に悪いと思っています。

しかし、肝臓病に効く薬のアフィリエイト商材などありません。

ものの見事に先ほどのアフィリエイト報酬が上がらない2つの理由に当てはまります。

 

一方、毎日のアクセスが多くても150しかない別のサイトがあります。

このサイトはテーマがある医療機器です。その医療機器だけに的を絞った記事しか載せていません。

だからアクセスは少ないのですが、訪問してくれたユーザーは皆さんその医療機器に関心のある人たちばかりです。

そして、その医療機器には多数のアフィリエイト商材がありました。

その中から良さそうなものをいくつか選び、自分で使った体験記を中心とする記事を載せました。

その結果どうなったか?

アクセスはたったの1日150以下ですが、アフィリエイト報酬は毎月10万円近く発生しています。

しかもサイトのコンテンツはわずか100記事程度です。

 

◇狙いと結果が一致するとは限らない

先の肝臓がテーマのサイトも、準備段階ではそれなりにキーワード調査を行い、勝算アリと思ってスタートしたのです。

アフィリエイト商材に結びつくキーワードを用意し、それに沿った記事を多く書きました。

しかし、そうした記事以上に、肝臓の薬の記事の方がアクセスを集めてしまったのです。

全く、狙いと結果が一致しませんでした。

正直、なぜ肝臓の薬の記事にそんな多くのアクセスが集まったのか、今でもよく分かりません。

ネット上に競合するサイト、記事が少なかったのでしょうか。

7年間に25サイトを運営してきましたが、他にもこれと似たようなケースはあります。

青汁サイトでもっともアクセスが多いページが、「ニンジンの効果」だったこともありました。

「青汁の効果」の何十倍もアクセスが多いのです。

でも、「ニンジンの効果」から青汁を買ってくれるユーザーはほとんどいません。

これも、なぜ「ニンジンの効果」にそれほど多くのアクセスが集まったのか、不思議で仕方ありません。

このように狙いと結果が一致しない場合もあります。

 

◇アクセスは多いだけではダメ!

私自身のアフィリエイトサイト運営の経験から、単にアクセスが多いだけでは稼げないと言えます。

サイトのコンセプト、アフィリエイト商材に結びつくキーワードで集客できなければ、いくらアクセスが多くても稼げません。

そこで重要なのはアクセス解析です。

1日にいくらのアクセスが集まったか、総数を気にするよりもどんなキーワードで、どのページにアクセスが集まったのか、それを気にすることが大事です。

毎日調べる必要はありませんが、アクセスに大きな変動があった時や、毎月1回は定期で調べるといいでしょう。

この調査を継続していると分かりますが、アクセスの総数はあまり変化がなくても、検索されているキーワードやページは変わっていきます。

その変化に合わせてサイト内の導線を見直したり、記事の修正などを行う必要があります。

今回はアクセスが多くても稼げないサイトをテーマに記事を書いてみました。

もしもあなたのサイトがそんな状態なら、一度検索されているキーワード、ページが狙い通りか確かめてみて下さい。

もしかしたら、予想外、想定外の状況になっているかも知れませんよ。