多くのアフィリエイターさんはGoogle Analyticsを導入して使っていると思います。

きっとあなたもお使いでしょう。

そして一番多い用途はやはりアクセス数の確認でしょうか。

でもちょっと待って下さい。

ぜひ他にも注目して欲しい項目があります。

 

◇アクセス数は変化なしだけど・・・

私もほぼ毎日、主要サイトのアクセス数は確認しています。

特に今年の2月以降、Googleさんの順位変動が大きく、度々「ギョ!」っと言う目に合っています。

ところが、つい最近思わぬことに気が付きました。

私の中堅どころのサイトで起きたことです。

中堅5サイトほど、久々にアクセス数の多い記事を確認してみました。上位50件ほどです。

すると・・・

これがビックリです。全く今まで上位になかったページがトップ10入りし、逆にこれまで上位だった記事が下位に移動しています。

いやもう、本当にビックリしました。

むろん、こうしたページ単位でのアクセス数の変動は珍しくないのですが、それが一度に5サイト、それもけっこう大きな変動だったことに驚きました。

 

◇問題発生

そこで私はすぐに問題に気づきました。

思わぬ上位に顔を出したページは相当古いものが多く、データの更新やアフィリエイトリンクの更新がされていないのです。

何しろページ数が250ページから500ページくらいあるので、全てのページを常時メンテは出来ません。

アフィリエイト成果の多いページ、アクセス数の多いページなど、優先順位を付けてメンテをやって来ました。

従って、これまで下位に沈んでいた記事は満足に更新作業がされていなかったのです。

そこで中堅5サイトについて更新計画を立て、取りあえず順番に手をつけました。

まず、直近2ヶ月のアフィリエイト成果を調べ、成果発生のページが十分なメンテがされているか。

そしてアクセス数の上位25件を全部調べ、こちらも十分なメンテがされているかどうか。

メンテが不十分ならしっかりデータの更新や記事の見直しをやっています。

これ、けっこう時間がかかります。特にデータが古いと、グラフや表などを作り直す必要があり、かなり手間です。

でも、ここで時間や手間を惜しむとサイト全体の評価が下がります。

ユーザーの利便性、有効性を最優先に考えると手は抜けません。

 

◇なぜ、順位は入れ替わったのか?

さて、そうしたメンテ作業とは別に大きな問題があります。

なぜ、従来の上位記事と、下位記事は順位が入れ替わったのか?

この疑問です。これは非常に重要な問題であり、その理由が知りたいと思うのは当然です。

あるキーワードの順位が下がり、別のキーワードの順位が上がる。

それに伴って、そのキーワードを記事にしたページの順位が変わる。

これなら納得の理由と言えるかも知れません。

でも、今回の変動を見ているとそうは言えないのです。

同じようなキーワード記事でありながら、順位が入れ替わっています。

こうした現象に共通点はないか、現在調べている最中です。

またこのサイトで記事にしたいと思います。

あなたも、単にサイト全体へのアクセス数だけを見ているとこうした個々の記事の動向に気付かないかも知れません。

たまにはチェックして見てはどうでしょうか。