脱サラアフィリエイターになって7年目。今回は自分の免疫力について考えてみたいと思います。

強くなった免疫力と逆に弱くなった免疫力の両方があります。

 

◇風邪をひかなくなった!

まず、病気に対する免疫力。これは絶対にサラリーマン時代より強くなったと思います。その最大の理由はストレスの減少です。

色んな健康関連本に出てくるのですが、精神的ストレスは万病の元です。目に見えないストレスという健康阻害要因はとても危険です。

知らないうちに私やあなたの健康を根本のところから蝕んでいます。

サラリーマンでストレスを抱えていないのは釣りバカ日記のハマちゃんくらいなもので、誰でもストレスはあります。そして適度なストレスは必ずしも悪いものではありません。

しかし、過度のストレスは間違いなく体に悪いのです。

私が脱サラして免疫力がアップしたな、と実感したのは全く風邪を引かなくなったからです。風邪こそ免疫力を測る指標にもってこいです。

あなたの周囲にもいるでしょう?ほとんど風邪をひかない人、しゅっちゅう風邪をひく人。これは明らかに免疫力の差です。

私もサラリーマン時代には年に3、4回は扁桃腺を腫らして病院へ行ってました。それが脱サラアフィリエイターになってからというもの、全くお世話になっていません。

実は先月、7年ぶりに風邪で病院へ行きました。それは大した風邪ではなく、旅行の前の用心で薬をもらいに行った程度でした。

むろん、風邪をひかなくなっただけでなく、体調全般にすごく調子がいいです。免疫力は健康維持の最大要因です。

 

◇脱サラアフィリエイターになって弱くなった免疫力とは?

しかし、一方でメチャ弱くなった免疫力もあります。それは対人関係の免疫力です。ホント、抵抗力がなくなりました。

つまり、脱サラアフィリエイターになってからと言うもの、人間関係において全くストレスを感じることがなく、自分の嫌いな人との付き合いがありません。

サラリーマン時代のストレスの最大要因は人間関係です。ムチャばかり言うお客、クレーマー対応、アホで無能な上司、わがまま勝手な部下、足を引っ張る同僚。

いずこも同じ人間模様にストレス三昧の日々でした。

しかし、そんな中でも仕事を前に進め、納期や予算を必達する、そのタフさも持ち合わせていました。人間関係のストレスに負けない精神力も持っていました。

それが今ではとにかく自分の好きな仕事、好きなパートナーだけ選んでいます。嫌なものを無理にやる必要は全くありません。

これはすごく気楽なのですが、その代り対人関係の免疫力を著しく低下させてしまいました。

なので、たまにやむを得ず嫌な人間とある時間を共有するハメになると、もう苦痛でたまりません。こらえ性がなく、途中で逃げ出すこともままあります。

例えば親せきの中に嫌な人がいて、法事などでいっしょになった時です。こうした仕事以外の人間関係は脱サラしても何も変わらないので避けようがありません。

また、友人関係においても同じことが言えます。

まぁ、しかし人間関係は自分の中で割り切ってしまえばそれまでです。人に嫌われることを恐れなければストレスにもなりません。

本当にそれでいいのか?というわずかな疑問さえ無視することが出来れば何も問題ありません。

脱サラアフィリエイターは病気に対する免疫力はアップするけど人間関係に対する免疫力は低下する。これが私の結論です。