脱サラしてアフィリエイターになった方のブログは沢山あります。

私もよく見るのですが、おおむね若い方が多いようです。私のように53歳で脱サラアフィリエイターになった人は見かけません。

むろん、私が知らないだけで、きっと世の中には同世代の脱サラアフィリエイターさんが大勢いることと思います。

私はこれから世の中にアフィリエイトがもっともっと認知されたら、私と同世代の50代以上のアフィリエイターさんが多く登場すると思います。

なぜなら、こんな理由があるからです。

 

◇ハッキリ言って、アフィリエイトの方が楽しい!

私はサラリーマン生活を30年間やって、それから脱サラアフィリエイターになりました。30年間のサラリーマン生活には色んなことがありました。

嬉しい事、感激した事、苦しかった事、辛かった事。どんな仕事でも長くやっていればそれなりに色んなことがあります。それは当然です。

しかし、どんな仕事、どんな業種であろうと、何十年もサラリーマン人生を送ってきた人は皆さん立派です。大したもんです。途中に色々あったであろうピンチをくぐり抜けた人たちです。

私も自分自身を振り返って、「よくやったなぁ、続いたなぁ」と感心します。

その昔、「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ~♪」なんて歌がありましたが、これは逆説的にサラリーマンの厳しさを歌ったもので、決して気楽にできる稼業ではありません。

そんな厳しいサラリーマン人生を送ってきた人にアフィリエイトが出来ないはずはありません。

もしも出来ないとしたら、それは技術や能力の問題ではなく、向き・不向きの問題です。これは絶対にあります。

例えば、こんな人はアフィリエイターに向いていません。

●文章を書くことが嫌い。

●本を読むことが嫌い。

●長時間のパソコン作業が嫌い。

●一人でコツコツやる仕事は嫌い。

●室内で完結する仕事は嫌い。

何事にも例外はありますが、たぶんこうした人はアフィリエイターには向いていないと言えます。

逆に上の5項目が全部好き、大丈夫、と言う人はアフィリエイターに向いています。サラリーマンしかやったことがなくても、アフィリエイターとして成功出来る可能性が十分あります。

そして、サラリーマン人生30年、アフィリエイター生活7年の私に言わせると、圧倒的にアフィリエイトの方が仕事は楽しいです。

面倒な人間関係、顧客対応のストレスから完全に開放されます。そしてサラリーマンの30年間がいかに耐え続けた日々だったかを痛感します。

一概には言えませんが、サラリーマンも長年やっていると人間関係のしがらみはどんどん増えていきます。それが何ともストレス要因になります。

でも、アフィリエイトは基本自己完結の仕事であり、対人関係のストレスはありません。自分一人で頑張れば稼げる仕事です。

こうしたアフィリエイトの実態を50代のサラリーマンが知れば、自分もやってみたい!と挑戦する人が多くなるに違いありません。

私のように、サラリーマン続けるより、アフィリエイターの方がずっと向いてる人がいるはずです。

そんな人には、今までさんざん耐え忍んできたのだから、50歳を超えたら自分の好きな仕事、楽しい仕事をやって欲しいなぁと思います。

 

◇アフィリエイトの方が稼げる

いくら仕事が楽しくても、稼げないビジネスはやれません。でもアフィリエイトはサラリーマンより稼げます。なぜなら、稼ぎは青天井で上限がないからです。

サラリーマンも成果主義、能力主義だと言われますが一気に年収が2倍、3倍になることはまずあり得ません。ヘッドハンティングでされて転職すれば話は別でしょうが。

しかしアフィリエイトは個人事業であり、稼いだ分は全て自分の懐に入ってきます。上限などありません。いくらでも稼げます。

まぁ、これは極論であって、そうそう甘くないのはむろんです。

サラリーマンもピンキリで、年収が300万円の人もいれば一桁多い3000万円の人もいます。3000万円の人がサラリーマンを辞めて、同じ収入をアフィリエイトで得ようとしてもそれは相当ハードルが高いです。

不可能ではありませんが、極めて可能性は低いと言わざるを得ません。

例えば、a8netさんの個人会員さんで、10月の成果報酬ナンバーワンは868万円です。これ、単純計算で年収にすると1億円を超えます。

現にこうしたアフィリエイターさんもいるにはいますが、日本中探してもアフィリエイトだけで年収1億円以上稼ぐ個人アフィリエイターさんは数えるほどしかいないでしょう。

ただ、1億円はハードルが高くても、600万円ならぐぐ~っとハードルは低くなります。月額にして50万円ですね。

脱サラしてアフィリエイトやるなら、最低でも月に50万円は稼がなくちゃ!と思います。

それでも、この月に50万円と言う金額は、そう悪くない金額です。それはハローワークや求人雑誌の条件と比較すれば分かります。

仮にあなたが50歳過ぎて今の会社を辞めて、何のコネもなしにハローワークに行って仕事を探してみて下さい。毎月の給料が50万円を超える仕事がいくつ見つかりますか?

ありません。まず、皆無です。

私は地方の田舎に住んでいるので、東京あたりの大都会とは事情が違うでしょうが、こちらの相場だとせいぜい20万円がいいとこです。

30万円もめったに見つかりません。

これが現実です。それでも50歳を超えての再就職は難しいのです。

あなたに何か特別な技術、資格などがあって、運よくそれを求めている企業と出会うチャンスがあれば50万超えも可能でしょう。

そうでなければ再就職して月に50万円稼ぐことは至難の業です。

でも、アフィリエイトならそれは十分過ぎるほど可能です。早い人なら1年目、2年目で可能です。むろん、単発ではなく、ずっと継続させる事が可能です。

これが私の言う、「アフィリエイトの方が稼げる」と言う意味です。ハローワークや求人雑誌で仕事を見つけるより稼ぐ可能性があります。

アフィリエイトをやったからと言って、誰もが必ず毎月50万円以上稼げるわけではありません。そうそう甘くはありません。

でも、アフィリエイトで稼ぐ方法を正しく学び、それこそサラリーマン時代に培ってきた仕事のやり方、回し方を生かしながらコツコツやっていけば、50万円のラインはそれほど難しいことではありません。

アフィリエイトによって、今のサラリーマン生活よりも楽しく仕事が出来て、しかもいっぱい稼げる。こんな可能性が現実として存在します。

あなたが今から脱サラを考えるなら、ぜひ選択肢の1つとして脱サラアフィリエイターも候補に入れて下さい。

先ほども書きましたが、私はこれからどんどん50歳以上の脱サラアフィリエイターさんが増えると確信しています。

それは、アフィリエイトと言うビジネスモデルがもっと世の中に知れ渡り、実態が分かれば挑戦する人が必ず増えると思うからです。