2017年5月12日頃から世界150ヶ国、20万件に及ぶサイバー攻撃が大きなニュースになっています。

日本国内においても約2000件の被害が確認されたそうです。

そして、今回のサイバー攻撃に使われたのが、「ランサムウェア」です。

 

◇私もやられた!ランサムウェア

当サイトの記事ですでに公開済みですが、私自身も2016年7月にランサムウェアに感染し、甚大なる被害を受けました。

その記事が下記2件です。

『ソフトのバージョンアップ、やってますか?』

『ランサムウェア再び』

詳しくはこの記事をお読み頂くとして、あなたに一番知っておいて欲しいのは、

「ランサムウェアの感染ルートはメールだけではない!」

と言う事実です。

今日も朝からテレビ各局がランサムウェアを取り上げていましたが、感染ルートの注意喚起としてはやはりメールを指摘していました。

「不審なメールに添付されたファイルは決して開かないこと。」

と言う注意ですね。

これはまぁ、ウイルス対策の基本中の基本なので言うまでもありませんね。

しかし、ランサムウェアは決してメール添付ファイルだけで感染するのではありません。

まさに私のケースがそれで、私はメールを開封することでランサムウェアに感染したのではありませんでした。

ただ、ネットで麻雀ゲームをやっていて、画面表示をしたまま途中で食事に行ってしまい、その間に感染したのです。

恐らくですが、この麻雀ゲームの画面にいくつかの広告が表示されていたのですが、そこから感染したのだと思われます。

ただし、私の場合はいくつかのソフトがかなり古いバージョンのままであり、そこが致命傷だったと思います。

今朝のテレビでウィルス感染防止の専門家が話していましたが、

「ランサムウェアの感染ルートは全て明らかになっている訳ではありません。感染ルート不明のまま被害にあったケースもあります。」

なんだそうです。

だからこそ、100%確実にブロック出来る保証はないので、

「大切なファイルは絶対にバックアップを取って下さい。」

と呼びかけているのです。

 

◇究極の対策はファイルのバックアップしかない!

私はウィルス感染の専門家ではありませんが、色々な記事を読んでみても100%確実に感染予防できる方法はないようです。

いかに対応策を講じてもそれをかいくぐる新しいウイルスが作られるので、イタチごっこは終わりません。

それでも当然、セキュリティソフトやOSのバージョンアップはこまめに、そしてその他のワードプレスやFlash Playerなどのソフトもバージョンアップは必須です。

そして不審なメールは安易に開封しない、これも言うまでもありません。

このあたりをしっかりやっておけば、かなり被害を防ぐことは可能だと思います。

むろんこれらはランサムウェアだけでなく、他のウイルスに対する対策としても有効です。

その上で、敢えて言いますが、大事なファイルは絶対にバックアップが必要です。

それもパソコンの外に保存しておくことが必要です。

万一、ランサムウェア他、何かのウイルス被害にあったとき、更に言えばパソコンそのものがクラッシュした時、外部にバックアップファイルがあれば安心です。

そして、ウイルス感染の被害もパソコンのクラッシュも、ある日突然あなたの身の上に起きる危険性があります。

危険が徐々にやってきて、予兆を感じてから対策すれば間に合うというものではありません。

あなたが今、この記事を読んでいる間にもすでに大きな危険が差し迫っているかもしれないのです。