前回の、「脱サラアフィリエイターの確定申告 」という記事を書いたあと、私が税務署で確定申告の方法を相談したときのメモが見つかりました。それを記事にしてみたいと思います。

メモの作成日は2012年3月17日です。2012年は私が初めて確定申告を行った年です。この年は白色申告でした。

結局、白色申告はこの2012年だけで、翌2013年以降は青色申告を続けています。

では、ここから2012年3月17日に作成したメモです。当時私が運営していた「なめんなよ!アフィリエイト」というブログに公開しています。

**********

今年は確定申告に行ってきました。昨年は残念ながら申告するだけの所得がありませんでした。ほんのちょっとの黒字で終わり、申告対象額まで届かなかったのです。

専業でアフィリエイトをやっている身としては情けない限りでした。(ただし、経費もけっこう使いました。50万円は使っています)

まぁ、今年も大した納税額ではありませんが、それでも一応はちゃんと義務を果たしました。

ところで、私は確定申告をする前に税務署を訪ねていろいろと質問をしてきました。ちょっとご紹介しましょう。

 

●そもそも、職業は何と書けばいいのか?アフィリエイターで通じるのか?

私の相手をしてくれた税務署の担当者はアフィリエイトなるものを知りませんでした。たぶん、30代と思われる女性の職員でした。

それで、アフィリエイトを説明した上で結局、「ウェブサイト運営業」という職業名を名乗ることになりました。なんだかわかったような、わからない名前です。

 

●電気代などの経費処理

自宅で仕事をしているので、当然ですが生活費の一部は仕事の経費でもあります。例えば電気代です。これは部屋数を割り算して支払うことでOKだと言われました。

我が家では7部屋あり、そのうちの1部屋を仕事部屋にしています。従って、我が家の電気代の1/7が経費として認められるわけです。

 

●雑所得か事業所得か?

アフィリエイトの所得をどう申告するか、確認しました。私は専業のアフィリエイターなので当然事業所得です。

 

●青色か白色か?

今年は初めての確定申告だったので、とりあえず白色にしました。節税するほど稼いでなかったし。しかし、来年の申告に備えて青色申告の申請もしておきました。来年青色申告するには、今年の3月15日までに申請しておかなくてはいけないのですね。(知りませんでした)

確定申告は2月17日に済ませました。あらかじめネットで用紙をダウンロードして記入して申告に行ったので早かったです。税務署に入ってから出るまで15分もかかっていません。

来年の2月には、節税対策で頭を抱えるくらい稼ぎたいものです。

******

こんな感じです。

このメモを読んで前回の「脱サラアフィリエイターの確定申告 」に書いた記事に記憶違いがあることに気づきました。

私のアフィリエイト初年度、2010年分の所得は赤字ではなく黒字だったのですね。ただ、38万円を超えることが出来ずに確定申告の必要がなかったのです。

しかし・・・

脱サラして1年目、所得が38万円に届かないなんて・・・。これ、普通の感覚で言えば相当焦りますよね。不安になりますよね。

でも、私はちっとも不安を感じていませんでした。今は稼げなくても、間違いなくそのうち稼げるようになる、必ず取り戻すという確信がありました。

「稼げないはずがない。」

とまで思っていました。

今日、曲がりなりにも生活費としては十分なお金を稼げるようにまでなったのは、この当時の根拠なき自信のおかげだと思います。

その自信のおかげでアフィリエイトを止めることなく、コツコツと継続できたのです。

その稼げない時代にコツコツ作成していたアフィリエイトサイトは、その全てで毎月報酬を発生しています。金額はピンキリで、一番稼ぐサイトは30万円近いし、少ないサイトは5千円くらいです。

さて、2016年も3/4が終わり、残り3ヶ月。今年もまた前年所得を上回り、7年連続の増収増益を達成できる見込みです。